AbstractClub - 英文技術専門誌の論文・記事の和文要約


[インデックス] [前の号] [次の号]

・・・
Science March 22, 1996


若くても耐えられるとは限らない (Young but not necessarily tolerant)

抗原に攻撃されたとき、新生の動物は、大人のそれに比べて免疫反応がずっと弱い。 3編の報告が示すところによると、新生T細胞は、成熟T細胞に比べて、抗原に対し て、より容易に耐性を示さないばかりか、耐性と紛らわしい反応を示す(Pennisiに よるニュース解説;P.1665)。Ridge たち(P.1723、および表紙)は、自分自身ので はない(外来の?)脾臓細胞による新生T細胞の攻撃は、T細胞を不適切な抗原提示 細胞(antigen-presenting cells=APC)に曝し、その結果耐性応答に導く;しかし、本来 の(professional)APCへ曝すことによって、それらを活性化させる。Sarzottiたち(p.17 26)は、ウイルス性抗原が小量投与された場合は細胞障害性Tリンパ球に応答 し、多量の投与では非防御のタイプ2サイトカインに応答することを示している。 Forsthuberたち(p.1728)によると、マウスにおける外来タンパク質(ニワトリ卵白リ ゾチーム)への応答は耐性ではなく、Tヘルパー2応答である。(Ej)

溶剤の形状 (In a shape of flux)

芳香族有機陽イオンは、有機化学で重要な役目を演ずる。しかし、ベンゼン陽イオン ,C6H6+,の形状については、多数の理論的、実験的研究にも関わらず未解決である。 この陽イオンの電子状態の縮退はヤーン=テラーひずみを導き、通常基底状態の対称性を 低下させる。Lindnerたち(p.1698)は、ゼロ運動エネルギー閾値光イオン化実験に於 て、C6H6+の回転および振動構造を研究した。彼らの結論は、C6H6+は流動構造である ----変形した異性体は、疑似回転を通して容易に相互変換し、分子は基本的にはD6h 対称性を保持する、と言うもの。(Ej)

蛇行を保って (Keeps meandering along)

小川からミシシッピのような大河に至るまで、川の蛇行パターンは、類似しているよ うに見える。自由に蛇行する川のシミュレーションと、自然の川を比較することによ って、Stolum(p.1710)は、蛇行する川の平面図が、2つの状態の間を振動するであろ うと示唆している。そのパターンの1つは、蛇行パターンが規則的でわん曲状態は低 く、他方は、カオス的である。同一の川に両方のパターンが同時に起きうる。移動の 中断が度重なることが、2つの状態間の変遷をもたらす。(Ej)

シングルとダブルと (Singles and doubles)

最近の分子検出と操作の発達によって、単一分子のスペクトル分析やミクロな技術発 達し、局在した化学的環境の情報が得られるようになった。これらの技術においては、 単一 フォトンの吸収が基底状態から励起状態への遷移に導く。Plakhotnikたち(p .1703)は、単一分子レベルでの2フォトン同時吸収が可能であることを示している。 この非線形光相互作用によって、非線形単一分子走査顕微鏡の可能性が開かれる。(Ej)

てんかん遺伝子 (Epilepsy gene)

染色体21の遺伝子の突然変異は、進行性ミオクロヌスてんかん症(myoclonus epile psy)(Unverricht-Lundborg type, or EPMI)と関連している。Pinnacchioたち(p.1731 ;O'Brienによるニュース解説p.1672)は、患者からの細胞中で、プロテアーゼである シスタチンBをコードする遺伝子の突然変異体を見つけた。これは、3'スプライ ス部位とストップコドン(stop codon)部位に生じており、これはメッセンジャーRNA 発現のレベルの低下と関連している。

腫瘍の免疫療法 (Tumor immunotherapy)

T細胞の活性化は、競合する刺激性シグナルと抑止性シグナルの結果に依存する。Leac hたち(p.1734; およびPardollによる「展望」参照p.1691)は、このようなシグナリ ングを利用して、腫瘍に対する免疫応答を強化する新しい手法を開発した。彼らは、 CTLA-4と命名された適当なT細胞表面受容体に対する抗体を用いて抑止シグナルを阻 止した。放置しておくと死に至るような定着腫瘍を持つマウスは、CTLA-4に対する抗体 で処置 された場合、強い抗腫瘍反応が開始された。この反応は、腫瘍を取り去り、そして、 再攻撃に対する免疫を誘発するに十分である。

RNAを繕う (Mending your RNAs)

ほとんどのプレメッセンジャーRNAイントロンは、ジヌクレオチドGUで始まり、ジヌ クレオチドAGで終る。最近、ジヌクレオチドAUで始まり、ジヌクレオチドACで終るマ イナーのイントロンのクラスが認識された。イントロンのスプライシングには、イン トロンとsmall nuclear RNA(snRNS)の対合が必要であるので、マイナー イントロン  クラスのスプライシングには、メジャークラスのスプライシングよりは、異なった snRNAを含むであろうと提案されていた。HallとPadgett(p.1716;およびMount による 「展望」参照p.1690)は、以前は機能が知られていなかったU12 snRNA は、マイナー クラスのスプライシングに必要であることを見つけた。(Ej)

時計の時間合わせ (Resetting the clock)

ショウジョウバエにおいて、period(per)遺伝子とtimeless(tim)遺伝子は、日周性体 内時計の核をなす。2つの報告が、生物が環境に同調するために必要なプロセスであ る、光が体内時計リセットにどのように関わるかについて示している(Barinaga, p. 1671,によるニュース解説)。Myersたち(p.1736)と、Leeたち(p.1740)は、光がTIMタ ンパク質の急激な分解を起こし、これがPER-TIM複合体を分解し、日周体内時計を進 ませたり遅らせたりすることを見いだした。(Ej)

中心体過剰 (Centrosome surplus)

中心体は真核細胞の主要な微小管構成中心体であり、染色体分離の均衡を保つことによ って 有糸分裂において重要な役目を演ずる。中心体は、1回のセルサイクル当り、通常1 回複製する。Fukasawaたち(p.1744)は、腫瘍抑制タンパク質p53の不足する細胞中で は機能性中心体(functional centrosome)の多数のコピーが蓄積し、染色体の不均質な 分離が生じる。この発見から、p53は中心体の複製を制御することによってゲノム安 定性を保つのを助けている可能性を示唆している。(Ej)
[インデックス] [前の号] [次の号]


リコー
AbstractClub
ご意見ご質問は www-abs@src.ricoh.co.jp までお寄せ下さい。

お問合わせ
検  索


Copyright (C) 1996-1999 RICOH Co.,Ltd. All rights reserved.