氷点下20度を下回っても凍らない沼が富良野にある。気温と水温の差でケアラシが発生するので、光芒が出ることを予想し、狙って撮影した。╱富良野市 鳥沼公園

PROFILE
中西敏貴(なかにし・としき)
1971年、大阪生まれ。独学で写真を学びながら1990年頃より北海道へ通い続け、2012年、撮影拠点である美瑛町に移住。光を強く意識した風景作品に取り組む一方、自然の中に造形的な美を見出す表現にも挑戦している。PHOTO OFFICE atelier nipek主宰。写真展に「光の彩」「HIKARINOIRO+」「ORDINARY」など。写真集に『光の彩』『Power of Light』『美瑛 光の旅』『ORDINARY』がある。
http://toshikinakanishi.com/
NPO法人 北海道を発信する写真家ネットワーク会員、JAPANPhotoGLOBE(日本の写真文化を海外へプロジェクト)に参加

CAMERA
PENTAX K-1 ▶商品情報 PENTAX K-1 ペンタックス初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ PENTAX K-3 Ⅱ ▶商品情報 さらなる高画質画像を追求したKシリーズ最上位モデルのデジタル一眼レフカメラ